DHA・EPAって認知症にも効果があるって本当?そのメカニズムとは。

DHA・EPAって認知症にも効果があるって本当?そのメカニズムとは。

DHA・EPAって認知症にも効果があるって本当?そのメカニズムとは。

 

DHAとEPAは多価不飽和脂肪酸の一種で、カツオやマグロやイワシやサンマやブリやサバなどの青魚に豊富に含まれている成分です。
このDHAとEPAがもたらす健康効果として有名なのが、動脈硬化の改善と予防です。
動脈硬化は高脂血症や高血圧が原因となり、血管内に血栓ができたり血管がしなやかさを失って硬くなったり狭くなったりして血液の流れを悪くしてしまうという疾患です。
高脂血症は悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が高い状態で、脂肪分の摂り過ぎや食生活の乱れによる栄養の偏りや運動不足などが主な原因となります。
高血圧は、塩分の摂り過ぎや運動不足や自律神経の乱れなどが主な原因となります。
動脈硬化が進むと脳出血や脳梗塞などの脳卒中や心筋梗塞や狭心症などの心臓病のリスクファクターとなってしまいます。
脳卒中が原因で認知症を発症させることもあります。
そこで役立つのがDHAとEPAです。DHAとEPAを積極的に摂取することで、悪玉コレステロールや中性脂肪や血圧の数値を低下させることができ、動脈硬化を予防して脳卒中のリスクを取り除くことができます。
そのことにより、自ずと認知症のリスクも取り除くことができるというメカニズムです。
それに加えて、DHAには集中力や記憶力を高めて脳の機能をアップさせる効果もあります。
青魚が苦手だったり青魚を食べる機会がないという人にはサプリメントで摂取するのがおすすめです。
毎日の健康習慣としてDHAとEPAを積極的に摂取することにより、認知症の予防に大きく役立てることができます。