中性脂肪を下げたい。EPAやDHAは脂質異常症にも効果があるの?

中性脂肪を下げたい。EPAやDHAは脂質異常症にも効果があるの?

中性脂肪を下げたい。EPAやDHAは脂質異常症にも効果があるの?

 

中性脂肪が高いと血液がドロドロになり、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などのさまざまな病気の引き金になる可能性があります。
そのため健康診断などで中性脂肪値が高いと指摘された場合、中性脂肪を下げたいと考える人は多いです。
そのためにはEPAやDHAを摂ることがおすすめです。
EPAやDHAは摂取することで、中性脂肪の合成を抑えたり、脂肪の分解を助ける効果を持っています。

 

そんなEPAやDHAは体内ではほとんど作られることはありません。
そのため食事から摂取することが大切です。EPAやDHAは主に魚に含まれているため、普段の食生活に魚を積極的に取り入れることが大切です。
しかし、こういった食べ物からのみ必要な量を摂ろうと思うと、なかなか大変な面もあるかもしれません。
なぜなら魚に含まれるEPAやDHAは焼いたり揚げたりといった調理をすることで減少してしまうのです。

 

そこでおすすめなのが、サプリメントから成分を摂取することです。
美健知箋には、一袋にEPAとDHAが合わせて750mg配合されており、効率的に摂取することが可能です。
また、実はEPAやDHAは酸化しやすいのですが、美健知箋は飲みやすいカプセル形状を採用しており、酸化を防ぐビタミンEが配合されています。
そしてお腹の中で溶けるスピードも速く、吸収も良いのが特徴です。
中性脂肪を下げたいと思っている方は、食事のほかにもこういったサプリメントを活用することがおすすめです。